酒井法子容疑者、サンミュージック解雇へ

とっておきサプライズプレゼントならコレ!「月の土地」を贈ろう♪


酒井法子容疑者、サンミュージック解雇へ Excite エキサイト : 芸能ニュース

 覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたタレント酒井法子容疑者(38)が、所属事務所のサンミュージックを解雇されることが決定的になった。9日、都内で相沢正久社長(60)が会見し、警察の取り調べや、起訴や判決などを踏まえて検討するとした。しかし、14歳からの酒井容疑者を知っている同社長は「更生させたい。救ってやりたい」と話した。
 24年前、「ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」のオーディションに落ちた14歳の酒井容疑者に、サンミュージックが声を掛けたところから、同容疑者の芸能生活が始まった。このまま落とすには惜しいと判断した同社が主催者と相談し、特別賞を作って酒井容疑者に贈呈、デビュープロジェクトを立ち上げた。相沢秀禎会長(当時社長)が、福岡から上京した酒井容疑者を自宅に下宿させて、面倒をみた。この日会見した同会長の息子、相沢社長も、酒井を娘のような気持ちで見てきた。
 トップアイドルになり、女優としても活躍、海外にまで場を広げたことで、酒井容疑者は事務所に多大な貢献をした。サンミュージックにとっても、酒井容疑者との出会いが運命的なこともあって、特別な思い入れを持っている。
 しかし、覚せい剤取締法違反での逮捕はあまりにも衝撃が大きい。相沢社長は「取り調べの推移を見て、起訴、判決でそういうこと(有罪)になれば、解雇の判断もしなきゃいけない。処分するのは当然ですし、彼女も分かってくれると思います。つらいです」と、苦渋の判断を下す決意を固めている。相沢会長も「けじめをつけなきゃいけないと思っています」と話しており、取り調べや司法判断などのタイミングをみて、解雇は決定的だ。
 それでも、酒井容疑者への思いは深い。相沢社長は「個人としては、更正してほしい。人生が終わるわけじゃない。芸能界を辞めたとしても、社会人としてお母さんとして更正してほしい。少しでも力になりたい。救ってやりたい」と話した。
 逮捕されたタレントに「救ってやりたい」と声を掛けたことには「甘い」という声も上がる。しかし、家族的で情深く、とことん親身になって考えるのが同社の特徴。批判は想定していたが、救いの手をさしのべるのは必然でもあった。
 一方で、酒井容疑者は失跡中に1度も事務所に連絡を入れていなかった。体調を崩し、病院で点滴を受けながら連絡を待っていた相沢社長は「残念です。そんな仲じゃないだろっ!」と、語気を強めた。
[PR]

  by sinsakun | 2009-08-10 11:04

<< のりピー不起訴も 本田、日本人初開幕2戦連発! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE