ドコモ、Androidスマートフォン「Xperia」を発表

android携帯がいよいよ本格稼働ってことですか。
パケット料金などについては「4月から、iモード向けパケット定額サービス「パケホーダイダブル」とスマートフォン向け「Bizホーダイダブル」を統合し、シンプルな料金体系にする。スマートフォンを使った通信も月額5985円で利用できる」とのこと。

Excite エキサイト : ITニュース

2010年1月21日 12時56分

ドコモ、Androidスマートフォン「Xperia」を発表

 NTTドコモは1月21日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のAndroid OS搭載スマートフォン「Xperia」を投入すると発表した。国内初のHTC製Android端末「HT-03A」やRIMのBlackBerry Boldなどのスマートフォンが属するPROシリーズの1モデルではなく、「docomo Smartphone Xperia」という独自のブランドで展開する。

 Xperiaは、「SO-01B」という型番がネットなどでうわさになっていた、「Xperia X10」ベースのAndroidスマートフォン。Xperia X10は、2009年11月3日に欧州で発表されており、2010年前半に発売することや、日本でも販売されることが明らかにされていた。またNTTドコモの山田隆持社長が、2009年冬・2010年春モデルの発表会で、Xperiaの国内販売を検討していると発言し注目を集めていた。

 ディスプレイは4インチのフルワイドVGA液晶で、タッチパネルを搭載。1GHzで動作するScropionプロセッサを備えるスマートフォン向けチップセットSnapdragonを採用している。通信速度は下り最大7.2Mbps、上り最大2MbpsのHSPAに対応。無線LANやBluetoothでの通信機能も備える。カメラはAFや顔認識機能を持つ810万画素CMOSで、高精細な写真撮影に対応した。

 最大の特徴は豊富なエンターテインメント機能をサポートする「Mediascape」と、これまでにない新たな使い勝手を提供する、独自のユーザーインタフェースを備えた「Timescape」と呼ばれる機能を搭載した点だ。

 Mediascapeは、音楽や動画、写真などをシームレスに扱えるアプリケーションで、音楽再生中にアーティストに関連する情報やミュージックビデオなどを検索する機能や、自分で撮った写真とFacebookやPicasaの写真などを手軽に閲覧できる機能などを提供。PCから「Media Go」を使って楽曲を転送することも可能。φ3.5ミリのヘッドフォンジャックも備える。

 Timescapeは、全く新しい形態のアドレス帳のようなアプリ。ケータイの使用履歴を美しいインタフェースで表示する。人物ごとに電話番号やメールアドレスが調べられるだけでなく、FacebookやTwitter、mixiでの発言ややりとりなども一覧表示できる。

 日本語入力システムには、ソニー・エリクソン独自の日本語・英語予測変換機能や入力アシスト機能を備えた「POBox Touch 1.0」を採用。タッチパネルで快適に日本語が入力できる環境を用意した。

 もちろんAndroidマーケットから各種アプリケーションをダウンロードすることも可能で、自由にカスタマイズすることができる。Android OSのバージョンは1.6だ。

 ボディカラーはSensuous BlackとLuster Whiteの2色。16GバイトのmicroSDHCも同梱する。【園部修】
[PR]

  by sinsakun | 2010-01-21 15:44 | ニュース

<< 大久保秘書に「逐一相談」 石川... 首相「偽装献金事件、決着した」? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE