アカデミー賞S・ブロックが2冠?

サンドラ・ブロック、おめでとう!
しかしラジー賞で最悪主演女優賞を受賞したすぐ後にオスカーとは...
お見事でした。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

2010年3月8日 14時11分

【アカデミー賞】サンドラ・ブロックに主演女優賞 史上初ラジー賞と同時受賞

(Photo:cinemacafe.net) [ 写真拡大 ]
アカデミー賞主演女優賞は、前年の主演男優賞受賞者のショーン・ペンによって発表され、『しあわせの隠れ場所』のサンドラ・ブロックが受賞となった。

実在のアメリカンフットボール選手の実話を映画化した『しあわせの隠れ場所』で、行くあてもなく街をさまよう青年を家族として家へ招き入れる女性を演じたサンドラ。ゴールデン・グローブ賞、映画俳優組合賞といった前哨戦を制した勢いそのままに初のオスカーを獲得。サンドラは、前日に授賞式が行われた最悪映画や監督、俳優を選出するラジー賞では、『All About Steve』(原題)の演技で最悪主演女優賞に選出されており、同年度のラジー賞とオスカーW受賞は史上初! 通常、直接出席する者の少ないラジー賞授賞式にわざわざ出席したのは、やはり、翌日のオスカー受賞への自信の表れだったのか?

壇上に上がったサンドラは「私が本当にもらっていいのかしら?」と語り、ほかの4人の候補者ひとりひとりの名前を挙げて祝福。そして、「子供を持つ母親たちに賞を捧げたい」と語った。最後は涙ながらに自身の母親への感謝の言葉口にし、会場は拍手に包まれた。

俳優として最多の16回目のオスカーノミネートのメリル・ストリープ、“オードリー・ヘプバーンの再来”と称されるキャリー・マリガン、演技経験ゼロながら『プレシャス』での迫真の演技で候補となったガボレイ・シディビー、大御所ヘレン・ミレンが名を連ね、注目が集まった主演女優賞は、これまでの賞レースを先頭で引っ張ってきたサンドラの手に渡った。
[PR]

  by sinsakun | 2010-03-08 17:13 | ニュース

<< シジミの身って食べませんか? 鳩山首相「発言の耐えられない軽さ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE