ヒデがサッカーに戻ってくる

やっとサッカーに戻ってきたんですね。
どんなメンバーをそろえてくれるのか、楽しみです。
----
旅は終わった…ヒデ第2のサッカー人生
2008年04月16日10時43分

 ドイツW杯を最後に現役引退して“旅人”に転じた中田英寿氏(31)が、第2のサッカー人生をスタートさせる。15日、東京大学で地球環境や貧困問題などの啓発活動を意図した「TAKE ACTION!2008」記者発表会を開催。イベントの一環で6月7日に日産スタジアムで試合を行い、ピッチに立つことを発表した。中田氏が国内でプレーするのは現役引退後初。今後はサッカーを通じて啓発活動を行う意向で“旅人”から“サッカー人”へとシフトチェンジすることになりそうだ。
  ◇  ◇
 約2年間の旅人生活を経て、中田氏がサッカーという原点への回帰を決めた。旅をしながら地球環境や貧困問題を目の当たりにし「何をしていいのか分からなかった」という。分からないが、できることから何かを始めたい-。「旅をしていて自分でもびっくりするくらい、サッカーをやっていたナカタと知られていた」。答えは自らがピッチに立つことで地球上の問題に目を向けるきっかけをつくることだった。
 6月7日のエキシビションマッチは、前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏が率いるWORLD STARSと釜本邦茂日本協会副会長が指揮を執るJAPAN STARSが対戦。選手は後日発表されるが、中田氏が国内外のスター選手を人選中という。
 中田氏は現役引退後、元ポルトガル代表フィーゴ主催の慈善試合などでプレーしたが、国内でピッチに立つとなると05年11月16日の日本代表のアンゴラ戦(国立)以来、934日ぶり。「今のところ出る準備はしています。この先、ケガがなければ」。日焼けした顔から白い歯が浮かんだ。タイ・バンコクで自主トレを積んでいたというから気合十分だ。
 これをきっかけに、今後はサッカー人として啓発活動を行っていく。「最後までとことんサッカーと付き合っていく。サッカーは生涯一緒に生きていく兄弟のようなもの」。地球の未来のためにとのメッセージを掲げて、第2のサッカー人生を始める。

デイリースポーツ


[PR]

  by sinsakun | 2008-04-16 13:31 | サッカー

<< 俊輔先制ミドル!首位に1差へ 日本人対決ならず! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE