ハンセンもLR!

北島の最大のライバル・ハンセンもレーザーレーサーを着るようですね。
これでまさにガチンコ対決。イーブンの環境でどう力を出し切ることができるか?
早くもワクワクドキドキって感じですねえ!





---
ハンセンもスピード着る!北島とガチンコ北京
6月16日8時1分配信 スポーツ報知

 北京五輪は“スピード対決”だ。スポーツ大手のナイキ社が、競泳男子平泳ぎのブレンダン・ハンセン(26)ら同社の支援する北京五輪代表が有力な7選手に対し、今月の米国選考会(29日開幕、ネブラスカ州オマハ)で英スピード社の“高速水着”レーザー・レーサー(LZR)の着用を認めた。14日、AP通信が伝えた。

 ナイキ社の広報担当者は、この例外措置について「トップ選手がほかの社の水着を試して、好奇心を満たし、不安なく泳げるようにするため」と説明。選考会の結果次第で、五輪本番でも着用することになりそうだ。

 ハンセンは今月のサンタクララ国際大会(カリフォルニア州)男子二百メートル平泳ぎ決勝でLZRを初めて実戦使用し、2分10秒62の大会新で優勝。ナイキ社との契約があるものの、「LZRもとても良い感じだ」と手応えを得ていた。

 日本では、北島康介(25)=日本コカ・コーラ=がLZRを着用した8日のジャパンオープンで、ハンセンの持っていた二百メートルの世界記録を0秒99更新する2分7秒51をマーク。これを受けて日本水連が10日、用品提供契約を結ぶ国内3社以外の製品も着用できるオープン化を決定。ミズノ社と契約している北島も本番でのLZR着用を宣言した。

 2大会連続2冠を狙う北島は現在、米アリゾナ州フラッグスタッフでの高地合宿で、LZR仕様の進化した泳ぎを構築中。ともに“最新兵器”を身につけて臨む北京五輪は、世界新を予感させる高速のガチンコ勝負となる。

 ◆中野、末永、内田はメーカー信じる ○…法大水泳部の北京五輪壮行会が15日、都内で開かれ、卒業生で男子背泳ぎの中野高(ミズノ)と同平泳ぎの末永雄太(チームアリーナ)、3年で同八百メートルリレーの内田翔(群馬SS)が激励された。3人はLZRの記録ラッシュにわいたジャパンオープンで試さなかった。日本水連の水着自由化決定にも、内田は「アシックスを信じてやる」と明言。中野は「ミズノでいくという気持ちはある」、デサント社員の末永は「会社を信じます」と、現在の心境を語った。
[PR]

  by sinsakun | 2008-06-16 09:32 | ニュース

<< バーレーン戦メンバー クギは痛いでしょう? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE